40代女性必見!今加入しておきたいおすすめの生命保険を紹介!

40代になると20代、30代の頃と比べて健康に気を遣うようになった方も多くおられるのではないでしょうか?

「病気になったらどうしよう」「入院したら高額な医療費が発生するのでは」と心配する方や老後の資金に悩んでいる方もおられると思います。そういった不安の解消や軽減に生命保険が存在しており、安心して過ごせる今につながることが最も大切なことといえるでしょう。

生命保険は、年齢や生活スタイルによって種類や保険料が変わる為、プロの営業担当者と話し合いながら選定していく必要があります。すべての方に共通ではありませんが、40代で生命保険加入を考えている女性の方におすすめの保険の種類や会社をご紹介します。

40代女性がかかりやすい病気・疾患は?

現役で仕事をしている40代の方は多くおられ、病気に罹患し寝たきりや入院をしてしまうと仕事ができなくなったり、収入が減ったり等生活に支障をきたします。自分だけでなく家族がいる方は収入源がなくなることにより生活が出来なくなってしまいますよね。

若い頃は代謝も良く、高カロリーの食べ物や飲み物、アルコールを飲んでもすぐに病気になることは少ないと思います。しかし、年を重ねていくと、健康面で代謝の低下や仕事面では責任が重くなることによるストレスの増加、積み重ねた食生活等により体へのダメージを感じる方も増えてくるでしょう。

40代になると体に変化が現れ、肥満傾向になりがちで、肥満は見た目だけでなく糖尿病や高血圧、心疾患などの生活習慣病の原因になるといわれています。実際に、胃がんや肺がんなどのがんの罹患率は一気に増加しています。中でも女性特有の病気である乳がんの発症は40代で一番多く、早期発見することが治療の為に重要になってきます。

病気に罹患しない為に運動をしたり食生活を見直すなど対策を考えて行動している方もおられるでしょう。そこで、生命保険も対策の一つと考えられます。どれだけ対策をとったとしても病気にならないとはいえず、罹患した時の為に生命保険に加入しておくと、収入源の確保や入院費の軽減につなげることができます。 

40代からでも生命保険に加入できるの?

40代で保険加入を考える場合「今まで保険に加入をしたことがない」「新たに加入できるの?」と心配になりますよね。生命保険は、一部を除いて制限はなく何歳でも加入することができ40代や60代からでも生命保険に入る方はおられます。しかし、「保険料が高い」「条件を満たしていない場合加入できな可能性あり」というデメリットがあります。

60歳を満期として加入する保険があった場合、20歳から加入している方と40歳から加入する方では月々に支払う保険料に二倍の差が生まれます。

条件を満たしていない場合加入できないとは、健康診断や人間ドックで病気にかかっていないことを条件とする保険がある為、結果によっては加入できない保険の種類がでてくる可能性があるということです。

40代女性におすすめの生命保険一覧

40代になると健康面や家族に残す資産、老後の資金等心配事が増えてきますよね。ライフスタイルによっては要否や保険料に差があると思いますが、共通して40代女性におすすめの生命保険をご紹介していきます。

がん保険

 死亡原因の中で最も多いのが悪性腫瘍(がん)といわれており、がんに罹患してしまうと高額な医療費や長期の療養期間が必要となります。日本では健康保険制度があり、指定された医療であれば自己負担は少なくて済む場合もあります。しかし、闘病生活が長くなったり自己負担となる指定外の医療を受ける場合は高額医療となる為、金銭に余裕がないと実施することは難しいと考えられます。乳がんの罹患は40代でピークとなり、女性はがん保険が必須と言われています。

がん保険には「定期がん保険」「終身がん保険」「女性保険」など様々な種類があり、自身の経済状態やライフスタイルに合わせて決めていくのが良いでしょう。

医療保険

生活に影響をもたらす病気はがんだけではありません。「三大疾病」「五大疾病」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?どういった疾病か次に箇条書きで記します。

三大疾病

・がん

・心疾患

・脳血管疾患

五大疾病

・三大疾病

・糖尿病

・精神疾患

医療保険は、入院や働けなくなった場合に起こる経済的負担の補助を目的としています。同様に健康保険制度で、自己負担が軽減される可能性はありますが、病気で収入源が失われる危険性があることから国の制度に加え、民間の生命保険に加入するのが安心を得るために大切になってきます。

終身保険

「病気にかからなかったら保険金がもったいない」「いまいち重要性を感じない」という方には終身保険がおすすめです。保険には大きく分けて「定期保険」「終身保険」があります。

定期保険は、60歳まで一定期間の保証(種類によっては保証年齢は変わります)で条件が同じでも終身保険より割安で解約返戻金がないというのが特徴です。

もう一方の終身保険は、一生涯の保証で解約返戻金制度があり、必ず保険金を受け取ることができるという特徴があります。解約した場合、払い込んだ保険金の一部を受け取ることができ資産形成として考えることができます。支払い満期まで健康状態を維持し、満期後解約すると種類によっては元本に近しい返戻金を受け取れる可能性があります。

おすすめの保険会社トップ5

ここでは特に、これから保険加入を考えている40代女性におすすめする保険会社についてご紹介します。

1位 ジブラルタ生命

終身保険には、返戻金で受け取れるお金が払い込んだ量より少なくなる「元本割れ」が起こります。満期まで健康状態で払い込みをしたとしても100%戻ってくる保険は多くないようです。ジブラルタでは、満期まで払い込みを終えた後は100%以上で受け取れる種類があり、安心を得るだけでなく貯蓄として活用できる特徴があります。

2位 プルデンシャル生命

医療保険、終身保険も充実しておりオーダーメイドでプランを考えていくことが特徴です。現在のライフスタイルや希望に沿って契約内容を考えていく為、担当者との接しやすさは非常に重要なポイントとなります。

公式サイトから今後お付き合いしていくライフプランナーの顔写真やプロフィールを見ることができるので、初めてで不安がある方でも安心感を得ることができます。

3位 オリックス生命

多くの商品を取り扱っているオリックス生命は、女性向け医療保険も充実しており「乳がん」「子宮筋腫」など女性特有のすべての病気・がんが保証対象です。先進医療が受けられるだけでなく、一時金や手術費、入院費の給付金を受け取ることができます。

4位 アフラック

契約業績などが記載されている国唯一の特集号「インシュアランス生命保険統計号」では、がん保険、医療保険の保有契約件数が最も多く掲載され、非常に力を入れていることがわかります。(令和二年)

無料の資料請求や相談を設けているので初めての方でも始めやすいでしょう。

5位 大樹生命

保険は、加入する年齢によって月々に支払う保険料は変わり、より充実性を求めると保険料は高くなっていきます。大樹生命の公式サイトでは、年齢と性別を入力し月払保険料や保証内容をシミュレーションしてくれる機能があります。一歳単位で入力することができるので、自身の年齢を入れ事前にモデルを見ておくと、安心して話が聞きやすくなるでしょう。

まとめ

安心した毎日を過ごし、万が一に備えるために保険は存在しています。がん等の病気に罹患し闘病生活が始まれば治療費や入院費等の心配は負担になりますよね。もちろん手厚い保証や幅広い病気を対象にする場合は、加入する保険が増え保険料は高くなるので、保険会社の担当者やFP等の有資格者と相談し加入する保険を決めていかなければなりません。

40歳以上で保険加入を開始する方は多くおり、遅いことはありません。今からでも生命保険に加入し、安心して明るい生活を送る日々を目指してみませんか?

The following two tabs change content below.

黒滝 春(くろたきしゅん)

2017年に言語聴覚士を取得。医療系に関する記事作成や融商品に関する記事作成(保険・投資)を得意なジャンルとしてwebライターの活動をしております。また、医療機器販売を4年間勤務しており、医療系は多角的視点から対応可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

2017年に言語聴覚士を取得。医療系に関する記事作成や融商品に関する記事作成(保険・投資)を得意なジャンルとしてwebライターの活動をしております。また、医療機器販売を4年間勤務しており、医療系は多角的視点から対応可能です。