引き寄せの法則で、恋愛を叶えた人に共通する3つのポイント

あなたには大好きな人はいますか?

女性なら誰でも素敵な人に愛されたい!大好きな人に振り向いてもらいたいそんな気持ちになることがあると思います。

あなたは大好きな人に振り向いてもらうためにどんなことをしますか?

流行りのファッションに変えたり、自分に似合う髪型を研究したり…彼に振り向いてもらうために色々な努力すると思います。

でも、努力だけではどうにもならないこともあると思います。

そんな時、引き寄せの法則を是非参考にしてみてください。

本当に理想の恋愛を叶えてしまった!そんな方が数多く存在します。

引き寄せの法則とは?

イメージしたものが自分の現実に現れること

引き寄せの法則とは「自分が意識を向けている」や「自分が感じていること」に似たものや同質のものが自分の現実に現れるというものです。

人は常に周囲にエネルギーを放っています。

イライラしている人の側にいると、自分までイライラしてきたりすることはないですか?

また、逆に笑顔の絶えない人の側にいると、こちらまで幸せな気分になったことなど皆さん一度は経験があると思います。

このような自分の放つエネルギーと似たような現実や出来事を引き寄せるのが「引き寄せの法則」なのです。

実はすでに、あなたも「引き寄せの法則」を使っている!

このように、実は「引き寄せの法則」は何か特別なものではありません。

誰しも常にエネルギーを放ちあなたのエネルギーに見合った現実や出来事を引き寄せているのです。

今までも気が付いていなかっただけであなたもすでに「引き寄せの法則」を知らず知らずのうちに使っていたのです。

ではこの法則を意図的に使うことが出来たならどうでしょう。

もし使いこなせる方法やコツがあるとしたら、あなたは知りたくないですか?

恋愛を引き寄せることも可能です!

よく恋愛は相手の人がいるので引き寄せを行うのは難しいと言われています。

物や出来事を引き寄せるならまだしも、お相手の人を自分へ引き寄せたり相手を変えることは出来ないというものですね。

確かに、お相手の気持ちや心をあなたが変えるということは出来ません。

あなたが変えられるのはあくまでも、あなた自身が放っている気持ちや思考などのあなたのエネルギーになります。

しかし、あなたの放つ思考やエネルギーが変われば引き寄せる現実や出来事は変わってきます。

引き寄せの法則で恋愛が叶う人・叶わない人の特徴

遠慮は要らない、欲しいものは欲しいと思っている

引き寄せの法則を使いこなす方法として、よく用いられるのがビジュアライゼーションと呼ばれるイメージトレーニング法です。

ビジュアライゼーションとは「望むことをもうすでに叶っているかのように、リアルにイメージできれば望みが実現する」というもの。

引き寄せの法則をうまく使いこなすことが出来る人は知らず知らずのうちにこのビジュアライゼーションを上手く使いこなしている人が多いのです。

このイメージトレーニングを最初からうまくイメージできる人もいれば、なかなか上手くイメージできない人もいます。

このイメージトレーニングが上手くいかない原因のひとつとして、

望む願望をイメージする際に自分でも気づかないうちに「こんなに上手くいくはずがない」と否定してしまったり「私にはこの程度で十分」と、

本当に望む願望をイメージすることを最初から諦めてしまうという心のブロックがあります。

ここを解決して、あなたの本当に望む願望を遠慮することなく「欲しいものは欲しい」「こうありたい」とイメージすることができるか?がポイントとなってきます。

では、どうすれば素直にあなたの心からの望みを願うことができるでしょうか。

現在の不満をスルーできる

うまくイメージできないとき、あなたは何を考えているでしょうか。

どうして心に思っている望みをそのまま願ったりイメージ出来ないのでしょうか?

素直な願望をイメージしようとするとき、心のどこかで「今の自分」と「理想の自分」を比べていませんか。

「自分のここがダメ、あそこがダメ」とか「ここが足りない」「自分には無理だ」とか「ない」ことばかりが心に浮かんで苦しくなることはないでしょうか。

そんな時は、いままで見逃していた「満たされていること」「感謝できること」「すでに自分にある」ものを見つけるチャンスです!

人は何かに感謝しながら「あれが足りない、これが足りない」などの不満や欠乏感を同時に感じることが出来きません。

あなたが、今まで見逃していた感謝を感じることが出来ればあなたの思考からイメージングを邪魔していた不満感や欠乏感などをより減らすことが出来ます。

自分の存在を愛することが出来る

そして、もう1つ大切なポイントとして自分を好きになる、自分の存在を愛するというポイントがあります。

引き寄せの法則の約束事として、今のあなたが思考していることやエネルギーが引き寄せられます。

ですから今の自分を受け入れて好きになる事で、実際に自分を好きになれるような現実が引き寄せられるようになります。

引き寄せの法則を上手く使うことが出来る人は自分を受け入れていることが多いと言われています。

恋愛で引き寄せの法則が成功する3つのポイント

今の自分を好きになる

引き寄せの法則を上手く使うポイントとして、望みをイメージする際に知らず知らずのうちに否定や欠乏、不満感に思考が向いてしまっていること。

感謝できることを見つけたり、今の自分を好きになる事でより望むイメージがしやすくなります。

今の自分を好きになり感謝することができる状態でイメージできるが理想です。

でも毎回イメージする際に完璧に自分を好きになって、感謝でいっぱいの気持ちになれないこともあると思います。

そんな時、とても役に立つコツがあります。

願いが叶ったと思いこむ

具体的に「自分を受け入れて好きになる事ができ、自分にも周りにも感謝している状態で望みがすでに叶ったかのようにイメージしたとき」の気持ちとはどんな気持ちでしょうか。

引き寄せで重要なのは、「今の思考や気持ち、エネルギー」です。

この気持ちを先取りして再現できれば、引き寄せの法則でも再現できるはずです。

この気持ちが「私の望みはこれだ!と決めて、この望みはもう叶うことが決まった!と安心した気持ち」です。

とても効果がありますので是非試してみてくださいね。

願いが叶うゴールデンタイムを活用する

これまではイメージングの方法についてのポイントを解説してきました。

せっかく行うイメージングです。どうせなら一番効果のある方法で行いたいですよね。

基本的に引き寄せの法則は24時間いつでも働いていますが、イメージがより集中しやすく効果が出やすい時間帯があるのです。

それは、眠る前のまどろんでいる時間。

眠る直前は普段じぶん自身で意識することが難しい潜在意識へイメージを届けやすい時間帯と言われています。

あなたは無意識という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

普段、自分で自覚できる思考や意識は10%程度と言われています。

残りの約90%の意識できない領域は、この潜在意識がつかさどっていると言われています。

そんな思考や意識の大部分を担っている潜在意識が、あなたの望むままのイメージングをしてくれたならとても引き寄せの法則の効果もより発揮されやすくなるのではないでしょうか。

引き寄せの法則の落とし穴は?

頑張りすぎると願いが叶わない

ここまで引き寄せの法則のポイントやコツについて読んで下さった方には、どうしても叶えたい恋愛の願いがあることと思います。

この「どうしても」というのが落とし穴になっていることが多くあります。

この「どうしても」をよく見ていくと、「何が何でも、絶対に叶わないと困る」「叶わなかったらどうしよう」「何故叶わないんだろう、もしかして叶わないんじゃないか?」という不安と執着が詰まっているのです。

どうでもいいことは叶うのに本命の願いは叶わない!という方が多いのはここの部分が大きく影響していることが多いです。

執着やなにがなんでも叶えたい!という強い気持ちは、自分自身の気持ちや思考に焦点が当たっているというよりは、お相手の方や外の現実世界を支配してコントロールしようという攻撃的な思考とエネルギーが出てしまいます。

これでは願いが遠ざかってしまいます。

こんな時は必死に願うよりもいったん現実世界のことは忘れてしまいましょう。

ただただイメージを楽しむというコンセプトに切り替えて、思いっきりイメージの世界で幸せに浸ってみてはいかがでしょうか?

あなたが変えることが出来るのは、相手の気持ちや現実ではなく、あくまで自分自身の思考や気持ちエネルギーになります。

幸せな気持ちに満たされたあなたの思考やエネルギーが、きっと素敵な現実をあなたに引き寄せてくれるでしょう。

まとめ

今回は

・引き寄せの法則とは?
・引き寄せの法則で恋愛が叶う人・叶わない人の特徴
・引き寄せの法則で本当に恋愛を叶えてしまった人に共通する3つのポイント
・引き寄せの落とし穴は?

について、ご紹介させていただきました。

いますぐ活用できるものばかりですので、ぜひ興味のあるものから、あなたの恋愛に取り入れてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

The following two tabs change content below.

齋藤敦子

現役看護師ライター。4歳の娘の育児をしながらダブルワークに励んでいます。糖尿病内科にて勤務。生活習慣病や食事療法、運動療法に精通しております。医療に従事して8年以上になりますので医療全般に関する記事を得意としております。趣味はエレキベース演奏したり、アニメイラストの作成などしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ライター。4歳の娘の育児をしながらダブルワークに励んでいます。糖尿病内科にて勤務。生活習慣病や食事療法、運動療法に精通しております。医療に従事して8年以上になりますので医療全般に関する記事を得意としております。趣味はエレキベース演奏したり、アニメイラストの作成などしております。