【50代女性必見!】カバー力で選ぶ!肌悩み解決ファンデおすすめ5選!

「最近、シミが増えてきた気がする」「顔色も冴えないし、くすんで見える」「ほうれい線が気になって、外出先でマスクが取れない」こんなことを感じていませんか。

「50代を過ぎても若い頃と同じお手入れで大丈夫か心配」という声を、化粧品売り場に勤めているとよく耳にします。

鏡に映る自分の顔を見て、このままでいいのかなあと不安に思うこともありますよね。
20代・30代の頃と50代では、顔のシミやシワ、たるみも目立つようになり、見栄えも大きく違うものがあります。

年代に応じたファンデーションを選ぶことで、人からの印象も大分変わってきます。

ここでは、某有名化粧品メーカーS社のスタッフとして働く私が、シミやシワ、たるみに悩むお客様の生の声をお聞きして、その悩みを解決すべく厳選したファンデーションを、ランキング形式でご紹介していきたいと思います。

50代の肌は若い頃の肌と何が違うの?

画像引用:大塚製薬(PMSラボ)「女性ホルモンとPMS」 https://www.otsuka.co.jp/pms-lab/basic/hormone.html

女性の場合20代・30代と50代とでは、エストロゲンの量が違います。エストロゲンは女性ホルモンの一種で、私たちの心と体、そして美容にも深く関わっています。

美容に関わる働きとしては、

エストロゲンのメリット
・コラーゲンの生成を助けるので、肌はうるおいやハリを保つ
・髪をツヤツヤにする
・女性らしい丸みのある体を作る
などが挙げられます。

このように、女性にとってはうれしい働きもあるホルモンですが、20代でピークを迎えたあと、徐々に減少し、更年期といわれる年代に入り一気に減少します。

これが同じお手入れをしているのにお肌が変わってきたと感じる原因です。

ファンデーション、これからどう選ぶ?

ファンデーションには5種類あり、それぞれに特徴があります。

パウダーファンデーション

細かい粒子のパウダーを押し固めたもので、肌に密着し毛穴や色ムラをカバーします。油分が少なくサラサラとした使い心地で、ナチュラルに仕上がります。

リキッドファンデーション

水分を多く含み、とろっとしています。ファンデーションのなかでもうるおいがあり、保湿力も高いので、乾燥が気になる人におすすめです。カバー力にも優れ、シミ・くすみなど気になるところをカバーしてくれます。

クリームファンデーション

ファンデーションの中でも、特に油分が多いのが特徴です。保湿力、カバー力が高く、シミ、色ムラなどをしっかりカバーしてくれますが、油分が多いため厚塗りになりやすいので、塗り方に注意が必要です。

クッションファンデーション

パウダーとリキッドのメリットを合わせ持っています。美容成分を配合していることが多く、ツヤ感のあるみずみずしい肌に仕上がります。

ミネラルファンデーション

天然の鉱物を主原料にして作ったファンデーションです。他のファンデーションに含まれるシリコン、界面活性剤など、肌に負担をかける成分が入っていないため、肌荒れを起こしやすい人に向いています。

ただし、他の成分が入っていたり、ミネラル成分が少ししか入っていなかったりする場合もあるので、何が入っているのか表示を見てから購入するなどの注意が必要です。

これらのファンデーションの特徴から、50代女性の肌におすすめは、保湿力、カバー力の高いリキッドファンデーションです。

カバー力抜群!資生堂 「クレ・ド・ポーボーテ」

画像引用:資生堂「クレ・ド・ポーボーテ タンクレームエクラ n」 https://www.cledepeau-beaute.com/jp/F76001.html?dwvar_F76001_color=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AB10&cgid=products-makeup

クリームファンデーションなのにみずみずしく、肌にのせた瞬間からスーッと伸びて、なじみます。それでいてベタつかず、さらっとした仕上がりになります。

付け心地は軽く、ピタッと肌に密着するので、皮脂や汗によるファンデーションのよれや崩れが、気にならなくなります。また、マスクにも付きにくく、頼りになるファンデーションです。

キラキラと輝く宝石のような肌をイメージして作られているので、シルクのように艶やかな肌になれます。

さらに、美容成分も配合されているので、付けているだけで、保湿・美容効果も期待できます。

  • シミやシワ、くすみなどをカバーしたい
  • 1日中崩れにくいファンデーションが欲しい
  • 顔色を明るくしたい

 

など大人肌の悩みを解決して、叶えてくれるお助けファンデーションです。

19種類からカスタマイズ!肌悩みで選ぶ「リサージ」

画像引用:カネボウ「リサージカラーメインテナイザーEX N 2」https://www.lissage.jp/products/new/new_colmen/

お肌のハリ、肌のタイプから、一人ひとりに合わせたファンデーションを選びます。まず、ハリの状態で2つに分類し、それぞれを肌タイプで2つに分けます。さらに、仕上がり感で細かく分類し、全19種類となります。

この商品は肌にすっとなじみ、軽い付け心地です。カバーするのに、まるで素肌のように見えるほどの薄付きで、ハリ感、ツヤ感もアップします。

このファンデーションは下地がなくてもきれいに塗れます。

長引くコロナ禍、ワークスタイルの変化も定着しつつあります。そんななか、メイクに対する意識も多様化してきました。

自分はどんな肌なのかを知り、その肌に合わせてファンデーションを選ぶ。まさに新感覚のファンデーションと言えるでしょう。

是非とも、自分自身に合ったファンデーションを選んでみてください。

まるでリキッドのようなみずみずしさ!「エクシアパウダー」

画像引用:アルビオン「エクシアAL ステイパーフェクトホワイトエマルジョン」https://www.albion.co.jp/products/detail/aaaqfo

このファンデーションは、パウダーなのに肌に乗せるとみずみずしく、すっと馴染んできめ細かいハリツヤ肌に仕上がります。

汗や皮脂に強く、トリートメント成分配合で、一日中崩れにくく明るい肌が続きます。

 

  • リキッドだと指が汚れたり肌に乗せて馴染ませたりするのが面倒
  • ムラなくきれいに付けられるか不安
  • 短時間でさっとひと塗りですませたい

時間も手間も省きたい、そんな方におすすめです。

光を味方に!内側から輝くベネフィーク「プリズムリキッド」

画像引用:資生堂「ベネフィークプリズムリキッド」https://www.shiseido.co.jp/benefique/product/benefique/prism_liquid/

 

ファンデーションの中に配合されているパウダーが光を乱反射させ、透明感のある明るい肌に仕上がります。伸びがよく、なめらかに肌に密着します。乾燥から肌を守り、くすみやシミ・毛穴をカバーします。

毛穴、ニキビ跡などの凹凸、くすみが気になる方におすすめのファンデーションです。

シルクプロテイン配合!自然派志向には「アーダン」

画像引用:アーダン「初絹 シルクファンデーション」https://www.adan.co.jp/shopbrand/ct28/

全ての商品にシルクパウダーが入っており、肌になじみ易い商品です。ファンデーションにも配合され、すっと馴染みます。肌に乗せてないくらいの軽さで、ファンデーションの密着感が苦手な方におすすめです。

シルクの力で、ハリとツヤが期待でき、きめが整ったツヤのある素肌に近づきます。カバー力はやや弱めなので、シミやくすみなど、気になる所には重ね塗りが必要です。

まとめ

50代に入ると、若い頃とは肌が変わります。肌悩みを解決してくれるファンデーションとして5種類を紹介しました。

どのファンデーションも保湿力やカバー力に優れ、それぞれに特徴があり選ぶのに迷いますよね。

カラーバリエーションも豊富なので、実際にお店に行って、肌に乗せて試してみるのをおすすめします。サンプルなど貰えるようでしたら次の日実際に使って、一日過ごしてみてください。

沢山の種類のファンデーションがある中で、きっとあなたの肌悩みを解決してくれる一品が見つかると思います。

The following two tabs change content below.

倉橋やすこ

はじめまして。 化粧品売場で働きながら、webライター活動をしています。 エステサロンに勤めた後、アロマサロンを経営していました。アロマと美容、健康のジャンルが得意です。他に、資産形成・介護・料理など、幅広く対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 化粧品売場で働きながら、webライター活動をしています。 エステサロンに勤めた後、アロマサロンを経営していました。アロマと美容、健康のジャンルが得意です。他に、資産形成・介護・料理など、幅広く対応します。