マイネオと楽天モバイルどちらがおすすめ?料金と通信速度を比較!

最近では格安SIMが多く出回っていますが、

「携帯料金が安いのはどこ?」

「通信速度は早いの?」

「制限はあるの?」

など気になる方も多いのではないでしょうか?

この度比較を行うのは話題のマイネオと楽天モバイルです。

その中でも、

  • 料金プラン
  • 通信速度

についての比較検証を行いますので、

迷っている方は必見です!

料金プランで比較

マイネオの料金プラン

引用「月額基本料金割引キャンペーン|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

マイネオの料金プランは以下の通り、

事務手数料 一律3,000円

基本データ容量 通話SIM データSIM(SMS無)※
1GB 1,180円 800円
5GB 1,380円 1,150円
10GB 1,780円 1,550円
20GB 1,980円 1,750円
※データSIMで契約時SMSを利用する際は、Aプラン(AUタイプ)は無料、Dプラン(ドコモタイプ)は120円、Sプラン(ソフトバンク)180円別途掛かる

マイネオは、20GBの通話込みで1,980円、他社の平均は4,000円程度となるので他と比べるとかなりの格安です。

しかし、マイネオには通信量無制限プランがありません。

自宅にWi-Fiがない人や動画視聴が多いなど、データ量を多く使用する人にとってはデメリットです。

マイネオの料金プランは、通信量の無制限を必要としていない人におすすめです。

楽天の料金プラン

楽天の料金プランは以下の通り、

事務手数料 ドコモ回線3,394円 au回線3,406円

組み合わせプラン

(スマホの方は横向きにすると見やすくなります)

通話SIM データSIM(SMS有) データSIM(SMS無) 
ベーシックプラン※ 1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,150円 1,570円 1,450円
10GB 2,960円 2,380円 2,260円
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450円

※使い放題の常時200Kbps制限プラン

通話SIMとデータSIMのSMS有無しの3種類で選べるスタンダードなプランがあります。

通話込で3.1GBが1,600円で使用できるので非常にリーズナブルです。

10GB以降ギガを増やすと金額が跳ね上がるのがややデメリットでしょう。

そこでもう一つのプランも紹介します。

 

引用「楽天モバイル (rakuten.co.jp)

スーパー放題プラン

(スマホの方は横向きにすると見やすくなります)

プランS プランM プランL プランLL
データ通信 2GB 6GB 14GB 24GB
基本料金 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
(1年目) 1,480円 2,480円 4,480円 5,480円

※使い切っても1Mbpsで使い放題、国内通話10分かけ放題

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」と呼ばれる使い放題プランです。

楽天回線の中では無制限で使用でき、パートナー回線では規定の通信量を使い切っても1Mbpsで使い放題となります。

1Mbpsでも動画視聴など行わなければそれほど影響はないので問題無いでしょう。

注意点としては、楽天回線で有るのと無いのと大違いである点です。

基本的に都心部では楽天回線が入ります。

単純に料金の安さだけで比較をするのであれば、マイネオです。

しかし、データ通信をよく行う場合には無制限プランがある楽天モバイルを選びましょう。

通信速度で比較

マイネオと楽天モバイルの通信速度で比較検証していきます。

Mbpsという単語は通信速度の速さを数値化したものです。

Mbpsの速さは以下を参考にしてください。

通信速度(Mbps) アプリ動作について
1~5 メール、通話は問題なく使用できる
5~10 動画が動くが快適では無い
10~20 ストレスなく通信ができる
30以上 オンラインゲームでもサクサク動く

マイネオの通信速度

マイネオはDプラン(ドコモ回線)・Aプラン(au回線)・Sプラン(ソフトバンク回線)で分けられ、スピードもそれぞれ変わります。

アプリダウンロード速度比較(2018年2月~2021年1月)

プラン 速度Mbps(最小値~最大値)
Dプラン 1.25~35.39
Aプラン 0.45~65.46
Sプラン 2.05~51.55

1Mbpsあれば動画以外は問題無く動作するため、結果で見るとDプランかSプランがおすすめです。

しかし、プランによって通信速度によるバラツキが出るのでプラン選びは重要です。

昼と夕方は通信の混雑時間帯となっており速度が落ちる可能性があります。

楽天モバイルの通信速度

アプリダウンロード速度比較(2018年2月~2021年1月)

エリア範囲 速度Mbps(最小値~最大値)
楽天回線(UN-LIMIT) 8.66~96.01
パートナー回線(au) 1.11~51.64

楽天回線の使用可能場所はとにかく速度が早く平均速度が30Mbps以上です。

一番遅い時でもストレスなく動画視聴ができるレベルですのでマイネオと比較してもかなり速い値になっています。

パートナー回線では一番遅い時に動画が見れない程度まで快適度が落ちるので通信範囲の把握は必須です。

通信速度は、楽天回線がある楽天モバイルが断然優れています。

【結論】マイネオと楽天モバイルでおすすめはどっち?

いかがでしたか?

金額と速度で比較するとしたらかなり良い勝負が出来る2社だったのではないでしょうか。

表にして整理しましょう。

料金プラン 通信速度
マイネオ 基本料金は安いが無制限ではない プランにより違いがあるがそこそこ速い
楽天トラベル ギガ数によって比較的割高だが無制限もある 自社回線もあり、断然スピードが速い

一番のポイントは楽天回線の範囲に入っているかどうかです。

スーパー放題プランでは、楽天回線の通信範囲では高速で使い放題、パートナーエリアでも1Mbpsで使い放題も魅力ですね。

対してマイネオは、安い基本料金での使用が可能になりますので、そこそこの通信量で足りるという方には向いています。

また、使用出来る携帯電話も多く山奥などの回線が少ない範囲でも使用出来るというメリットがあります。

その他にも、夜間フリーやフリータンクなどの特典も多いサービスもあります。(マイネ王サービス)

よく使う程お得なのが楽天モバイル、程よく使うならマイネオをおすすめします。

記事を参考に人気が高まっている2社の比較をして申込みを検討してみて下さい。

The following two tabs change content below.

佐々木 龍也

測量士をしながらwebライターをしている佐々木と申します。 格安SIMを10社程度使用しています。 wi-fiも5社程度使用しております。 SEOを意識した記事を書きます。 よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

測量士をしながらwebライターをしている佐々木と申します。 格安SIMを10社程度使用しています。 wi-fiも5社程度使用しております。 SEOを意識した記事を書きます。 よろしくお願い致します。